「株式会社\(^o^)/」は許される!?インパクト重視で社名を決めるときの3つのルール ( )

a0003_001882

 

日本には、400万を超える会社があり、ユニークな社名の会社も沢山存在しています。

起業を考えている方の中には、社名で世間に対して強いインパクトを与えたいと考えている方も多いでしょう。

法律上、商人や会社の名称を「商号」といいます。

では、どのような商号でも良いのでしょうか?

(参照:起業や経営に役立つブログ~Kick

顔文字は登記できるか?

会社は登記をすることで法人として認められることになります。

登記をするにあたってローマ字や記号を使うことはできるのでしょうか?

平成14年の商業登記規則等の改正により,商号の登記について,それまでできなかったローマ字その他の符号を用いることができるようになりました。

しかし、商号の登記に用いることができる符号は、次の3つの決まりがあります。

参照:http://www.moj.go.jp/MINJI/minji44.html

商号の登記に用いることができる符号

(1)ローマ字(大文字及び小文字)

(2)アラビヤ数字

(3) 「&」(アンパサンド)「’」(アポストロフィー)「,」(コンマ)「-」(ハイフン) 「.」(ピリオド)「・」(中点)

※(3)の符号は,字句(日本文字を含む。)を区切る際の符号として使用する場合に限り用いることができます。
したがって,商号の先頭又は末尾に用いることはできません。
ただし,「.」(ピリオド)については,その直前にローマ字を用いた場合に省略を表すものとして商号の末尾に用いることもできます。
※なお,ローマ字を用いて複数の単語を表記する場合に限り,当該単語の間を区切るために空白(スペース)を用いることもできます。

 

つまり、「株式会社\(^o^)/」を社名(商号)として登記することは残念ながら現在の法律では許されません。

yahooニュース「顔文字を使った社名はアリか」

 

「,Inc.」「Co., Ltd」などの英語表記は登記できるか?

グローバル社会となった現代では、企業が国際的な活動をするにあたって社名の英文表記が必要になる場合があります。

その際、「,Inc.」「Co., Ltd」が良く使われますが、これらは登記可能でしょうか?

この点については、「株式会社という語句を『,Inc.』に置き換えることはできない」という結論になります。

なぜなら、法律で株式会社は株式会社をいう語句を使用しなさいと決められているためです。

しかし、登記することはできませんが、会社の定款に英文表記を記載しておくことはできます。

例えば、「当会社の商号はABC株式会社と称し、英文ではABC,Inc.と称する」のように記載することが考えられます。

 

以上のように、社名を決めるにあたっては法律上の規制に抵触していないか、十分に検証する必要があります。

疑問な点などはお気軽にご相談下さい。