遺言の種類について

遺言の種類とメリット・デメリット

自筆証書遺言

(メリット)

◆誰にも頼らず簡単

◆費用がかからない

◆簡単に書き換えが可能

◆証人がいらない

(デメリット)

◆形式不備・誤記により無効の可能性

◆紛失の可能性

◆文字が書けないとできない

◆有効にするには、裁判所にて事後的に検認手続が必要

 

公正証書遺言

(メリット)

◆公証役場にて保管される(紛失のおそれなし)

◆無効になる可能性が低い

◆偽造・変造・隠匿・紛失の可能性なし

◆死後すぐに遺言の執行ができる

◆文字が書けない、あるいは口がきけない、または耳が聞こえない方でも遺言が可能

◆家庭裁判所の検認手続が不要

(デメリット)

◆費用がかかる

◆証人が2名以上必要

◆内容が証人にわかってしまう