遺言について

遺言の種類について

遺言の種類とメリット・デメリット

自筆証書遺言


(メリット)

◆誰にも頼らず簡単

◆費用がかからない

◆簡単に書き換えが可能

◆証人がいらない
(デメリット)

◆形式不備・誤記により無効の可能性

◆紛失の可能性

◆文字が書けないとできない

◆有効にするには、裁判所にて事後的に検認手続が必要

 

公正証書遺言


(メリット)

◆公証役場にて保管される(紛失のおそれなし)

◆無効になる可能性が低い

◆偽造・変造・隠匿・紛失の可能性なし

◆死後すぐに遺言の執行ができる

◆文字が書けない、あるいは口がきけない、または耳が聞こえない方でも遺言が可能

◆家庭裁判所の検認手続が不要
(デメリット)

◆費用がかかる

◆証人が2名以上必要

◆内容が証人にわかってしまう


どのよう遺言形式で遺言すべき?

各遺言の仕方にはそれぞれメリット・デメリットがございます。しかしながら、専門家の立場からアドバイスをさせて頂きますと、やはり公証人という公のお役人さんから作成してもらう公正証書遺言で遺言される方がいいのではないでしょうか。

自筆証書遺言で遺言を遺されたケースでよくお見受けするのが、遺産を構成する各財産の特定の仕方が不十分で名義変更ができなかったり、相続人ではない方に相続させるとする内容など法律的に間違ったものであったりするケースです。この場合、望まれたご遺志通りに相続させることができなくなることもあるので注意が必要です。

また、専門家のアドバイスを受けながら、自筆証書遺言を遺すことも考えられますが、その場合、遺言書をどこに保管するか頭を悩まされることになるのではないでしょうか。ご自宅に保管しておいた場合に、仮に相続人の方に発見された場合、内容によってはその相続人の方とぎくしゃくしてしまうこともあるでしょう。また、それを避けるため深なおししてしまえば、発見されないままとなってしまうこともあるでしょう。専門家に預け保管してもらう場合でも、その保管費用もかかるでしょうし、その専門家が廃業した場合なども問題となるでしょう。

 この点、公正証書遺言を遺されれば、原本は公証役場に保管されることから保管の面でも心配ないですし、何よりも最終的には公証人さんが作成されるので、きちんと法律に則った遺言となる点が大きなメリットとなります。