遺言について

このような方は遺言を遺されることをおすすめ致します

◆自分が亡くなった後の相続人が一人もいない場合

◆自分には内縁の妻(夫)がいる場合

◆長男の死後も長男の両親の世話をしている嫁がいる場合

◆夫婦間に子供がいない場合(自分の死後の妻(夫)のことが心配)

◆相続人の中に行方不明者がいる場合

◆家業を継ぐ子供がいる場合

◆別居中の妻(夫)がいる場合

◆子供に障害者がおり、その子に相続させたい場合

◆再婚し、先妻に子供がいる場合

◆世話になった人に財産を遺したい場合

◆慈善団体に寄付したい場合