遺言について

当法人でできること①(公正証書遺言作成サポート)

【手続の流れ】

①ご相談・受任

②遺言下書きの作成・公正証書遺言作成に必要となる書類等の収集

③上記②の遺言下書き・添付資料などをもとに、公証人に遺言原案を作成してもらい、ご依頼者に内容のご確認

(※修正事項があれば適宜修正していくことになります)

④上記の原案の通りでよければ、公証役場にいく日取りを決める日程調整をし、お見積をお出し頂く

⑤約束の日にご依頼者および証人二人が公証役場まで出行き、公正証書遺言を作成してもらう

⇒公証人費用などは一旦当法人が立替支出致します。

⑥作成後、事務所に戻り、遺言立会証人手数料および公証人費用等立替分をご精算させて頂きます

【必要となる書類】

(必ず必要なもの)

遺言を遺される方の戸籍謄本および印鑑証明書 ※当日はご実印をお持ちください。

(遺言の内容により必要となるもの)

・子に相続させる場合・・・その子の戸籍謄本

・相続人以外の方に「遺贈」する場合・・・その方の住民票の写し

・遺産を特定して個々に相続させたい場合・・・その財産を特定できる資料、詳細は以下の通りです

例)不動産登記事項証明書、預貯金通帳の写しなど

【費用について】

●当法人立会証人手数料 3万円×2(人)=合計6万円

●公証人手数料 実費←遺言を遺される財産の価額等により変動します。※詳細は公証人連合会に事務所のHPをご参照ください。