遺言

天国に旅立たれる時、遺されたご遺族へご自分の財産を争いがないように引き継いでもらうことは、皆様方の最後の大仕事です。
遺言がなかった為に、いざ遺産を目の前にして仲の良かった兄弟が骨肉の争いをはじめたというお話や、全然面倒を見てくれなかったお子さんと面倒をきちんとみてくれたお子さんの相続分がまったく同じ割合になってしまったというお話をよくお聞きします。

 一方で、遺言を遺すことによって、「相続」を巡る紛争が必ず防げる訳ではありません。しかし、遺言を遺すことにより皆様のご意思を遺された相続人の方へしっかりとお伝えすることは大切なことですし、それによりご納得をされる相続人の方もいらっしゃるはずです。
 加えて、「自宅の土地建物は長男に相続させる」、「預貯金は長女に相続させる」など、遺産をどのように相続させるかを遺言をすることにより、相続開始後に速やかな名義変更が可能となり、遺された相続人の皆さまのご負担を軽くするというメリットもございます。
(確かに「遺留分減殺請求」の問題はありますが、これはあくまで請求をするかしないかは各相続人の皆さまのご判断次第のものであり、必ずなされるという訳ではありません。それでも「遺留分減殺請求」のご心配がおありの方は生前での対策を併用していくことになるでしょう。)

 また、遺言する事項というのは、上記のような財産の相続に関する事項だけしかできないというわけではありません。人によっては、奥様にする感謝の言葉であったり、後を継いでもらいた長男へよろしく頼むというメッセージを送ったり、などまさに「最後のメッセージ」も併せて遺される方も大勢いらっしゃいます。面と向かっては言いにくいことでも遺言にすると素直なお気持ちをお伝えすることも可能になるのではないでしょうか。
 
当法人は皆様の最後のメッセージである遺言作成についての支援やその後の遺言執行を通じまして、次世代へバトンを確実にお渡しいただけますようサポートさせて頂きます。

遺言について

当法人が遺言に関してサポートさせていただいている事や、遺言を残した方がよいケースや書くべき内容などについて詳しくご説明いたします。