相続

相続手続について

当法人でできること

 

①不動産の名義換えをしたい 


 人がお亡くなりになられた場合、その方のご所有の不動産(土地・建物)については、名義変更が必要になってきます。

いわゆる「相続」を原因とする不動産の名義換えです。当法人は相続登記手続代理を通じて、皆様の相続手続をサポートさせて頂いております。

②預貯金などの名義換えをしたい 


 不動産と同様、人がお亡くなりになられた場合、その方の預貯金などについても名義変更をする必要になってきます。当法人は、預貯金の名義変更を手続の代行を通じて、皆様の相続手続をサポートさせて頂いております。

③借金の方が多いので相続放棄をしたい


上記のような不動産や預貯金のようなプラスの財産だけでなく、借金などのマイナスの財産も相続の対象となり、各相続人にその相続分に応じて承継されることになります。

場合によっては、プラスの財産よりもマイナスの財産のほうが多いケースもあるでしょう。そういった場合に、借金まで相続人が背負わなければならないとすると、相続人に酷となります。

そのような場合には、「相続放棄申述」の手続をする方法が考えられます。

当法人は、「相続放棄申述書」の作成を通じて、マイナスの財産が多い場合の「相続をしない」手続についてもサポートさせて頂いております。


相続が発生した場合どのようなことをすべきか

準備中