ケース別の事例

①土地や建物を購入した

不動産の売買は、取引日に不動産仲介業者も同席して売主様・買主様の立会いが行われることがほとんどです。私たち司法書士は、買主様の権利確保のため、その立会いに同席して名義替えに必要な書類と代金の支払いを確認して、原則その日のうちに法務局で名義変えの手続きを行います。

その際、売主様の住所や氏名が変更になっていた場合にはその変更の手続きを、抵当権が残っていた場合にはその抵当権を消す手続きをして買主様へ“きれいな”所有権がきちんと渡るようにします。

買主様が融資をうけられる場合には借入先銀行などの抵当権をつける登記手続きなど、不動産の購入に関与して、一連の登記手続きを私たち司法書士が責任を持って行い、買主様の不動産の権利確保を確実にいたします。