不動産のこと

不動産登記とは、大切な財産である土地や建物のある場所や広さという物理的な状況や、その所有者が誰であるか、抵当権などの負担があるなら誰が貸しているのかなどといったその不動産に関する権利を、登記簿という国が管理する台帳に記録して公開することによって、私たちが安全に土地や建物の取引を行うことが出来るようにする重要な制度です。

 例えば、同じ土地が二重に売買などされた場合は(犯罪となるかは別として)、原則として早く登記をした人が名義を取得できます。このように不動産に関しましては、登記(名義変更等)をすることにより、ご自分の権利を守ることができます。

あるいは返済が停滞するなどして不動産が売却されると、先に抵当権を登記している人から優先的に貸付金を回収することができますので、銀行等は融資の際には登記手続きが正しくなされることを重要なポイントの一つとしています。 

司法書士は不動産登記手続の専門家であり、土地や建物の売買や融資、相続などの手続きを確実にして皆様方の権利保全のためのサポートをしています。

対象となる方

  • 建物を新築した、土地を購入した、住宅ローンを借りる予定
  • 住宅ローンを完済したので抵当権を抹消したい
  • 事業資金の借入れで根抵当権の追加担保が必要になった
  • 父が亡くなったので実家の土地建物を長男名義に変更したい
  • 生前贈与をしたい
  • 登記をした後、住所や名前が変わった
  • 土地の交換をしたい