ケース別の事例

②老人ホームにいる母の年金を兄弟が使っているようだ

  • 老人ホームにいる母の年金を兄弟が使っているようだ
  • 寝たきりの母の面倒を見て財産管理をしているが、他の兄弟からお金の使い道を疑われている

後見人などは、ご本人さんの財産管理や身上監護を行いますが、勝手にしていいわけではありません。ご本人さんのために適切に行わなければならず、1~2年に1回程度家庭裁判所にその管理内容を報告する義務があります。そして家庭裁判所は適切に管理がなされているか監督する仕組みになっています。

ですので、認知症の家族の方の管理について疑われている方や管理について疑いがありそうな場合にも、後見制度を有効に活用することで、家族間親族間のトラブル防止に役立ちます。