お手続の流れ

⑤自己破産

裁判所に申立てをする手続となり、当法人ではその申立書の作成を通じて手続をサポートさせて頂くことになります。

したがいまして、皆様には家計表を毎月つけて頂きご提出頂くこと、申立に必要となる添付書類を収集頂くこと、書類作成にあたって借入れの経緯や状況、資産状況などの聞きとりにご協力頂くことなどをお願いすることになります。

申立後については、「同時廃止」手続となるか、「管財」手続となるかで「免責」を受けて手続きが終了するまでの費用や時間、手続過程に相違がでてきます。

そして無事、免責が許可されれば、支払う必要がなくなります