M&A法務

N934_akusyusuruhutaribiz500
M&Aとは、会社が垂直統合、水平統合、多角化による業務拡大を目指して、

・他の会社の株式を取得する(株式譲渡)

・事業を譲り受ける(事業譲渡)

・吸収合併をする、株式交換をする

このようなの場面における法的手続きの総称です。

M&Aの手法

M&AとはMergers and Acquisitionsの略で、直訳すると「合併と買収」という意味になります。

しかし、直訳の意味と異なり、企業の合併・買収だけでなく、営業譲渡や株式譲渡、資本提携などを含めた広い意味での企業提携の総称として使われています。

M&Aの手法は、合併(「吸収合併」「新設合併」)、買収(「株式譲渡」「株式発行」「株式交換・株式移転」「事業譲渡」「会社分割」)、業務提携(「技術・販売・生産提携」)に分けることができます。

株式譲渡

株式譲渡 株式譲渡手続きは、他の会社を買収する場合において、最も利用されることの多い手続きと言えるでしょう。

会社の支配権は株式を有する株主が保有していますが、その株主が保有する株式を有償・無償で譲り受ける手続きです。

合併

合併 会社間の買収により、2つ以上の会社が一つの会社になる場面で使われる手続きを「合併」と言います。一般的には、一方が他方を飲み込む形態である「吸収合併」が使われます。

既存の会社が消滅することにより多くの利害関係、人に影響を及ぼす可能性があるため、  事前備置手書類の手続き、合併契約の締結、合併の承認決議、債権者保護手続き、株券提供広告といった、非常に多くの厳密な手続きが要されます。

会社分割

会社分割 会社の事業の全部または一部を他の会社に包括的に承継させ、1つの会社を2つ以上に分ける手法です。

会社の特定事業部門や不採算部門を分離させたりすることで、企業内の、ある部門をグループ内の別会社や新設会社に移転させて、企業の活性化を図る場合に用いられたりします。

また、高い価値のある資産(不動産など)を譲渡する際に、節税目的等のため、単純売却でなく、この手法が用いられることもあります。

当事務所ではM&A法務も積極的に取り扱っています。 どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

会社・法人トップ